忍者ブログ
戦国時代、真田一族(真田幸隆、真田昌幸、真田幸村 等)に関する日々感じたことを綴っていきたいと思います。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに徳川家が豊臣攻めを開始しますね・・・って大河ドラマ「天地人」の話です。

大坂の陣ということは、ついに真田幸村が大々的に出てきますね。
予告編では、九度山に流されていたはずの幸村がすごく男前で・・・。

とにかく来週は大河ドラマ要チェックです。

ところで、真田幸村検定なるものが始まったそうです。
私も試してみました。
合格でしたが、満点は取れませんでした(ToT)。
一度挑戦されてはいかがでしょうか。

http://www.kentei-do.com/test/details/703


拍手[0回]

PR
グルメの街・麻布十番からほど近い住宅地に真田信吉の正室・松仙院と信之の供養塔があります。
十数年前に一度訪れたことがあります。
お盆中の静かな東京をぶらっと散歩しながら久しぶりに供養塔を見ようと曹渓寺を訪れました。
お寺の場所はわかったのですが、残念ながら供養塔を見つけることができませんでした。
本堂側から供養塔には行けないのでしょうか?
結構前の記憶なのでうまくたどりつけませんでした・・・。

供養塔への行き方をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。


お盆は上田に行こうと思っていたのですが、
思い立つのが遅すぎ、宿がとれませんでした・・・。
9月の5連休こそ・・・!!!

皆さんはこの夏にどこか史跡めぐりには行かれましたか?

拍手[0回]

090618_1821~01.jpg日に日に暑くなる毎日。
そんな日は六文銭入りの扇子で涼しんではいかがですか?!
090618_1822~01.jpg
東急ハンズには、扇子のほかに戦国武将の旗印をあしらったタペストリー、手ぬぐいなどたくさん販売されています。しかも一回の目立つ場所に・・・。
世の中はまさに戦国ブームなんですね。
右のは六文銭をあしらった真田幸村の手ぬぐいです。

090618_1822~02.jpg左は真田家の六文銭、直江兼続の愛、上杉家の毘沙門天がデザインされたハンカチのセットです。090618_1826~01.jpg
贈り物にいかがですか!

現在の歴史ブームを支える女性向けに戦国武将の家紋をあしらった油取り紙まで・・・。油を含むと家紋が浮き出てくるとか・・・。家紋が浮き出てくるというのはなんか微妙ですよね。自分の油に浮いた戦国武将の家紋・・・。

090618_1827~01.jpg最後は戦国武将の家紋のシールです。
携帯を戦国風にデコレーションすることが出来ます。
戦国武将と常に一緒にいたい方は携帯電話を戦国色にデコレーションされてはいかがでしょうか!!

拍手[0回]

sengoku.jpgサークルKサンクス限定でサントリープレミアムモルツに今なら戦国武将ストラップが付いてきます。
少し贅沢なビールを飲みながら戦国の世に思いをはせてみませんか(笑)

ストラップは6種類。われらが真田幸村、人気の伊達政宗、天地人で一躍有名武将の仲間入りをした直江兼続、兼続の主君・上杉景勝、その他、前田慶次石田三成です。
rokumonsen.jpg
大河ドラマに登場する武将を中心に揃えたのでしょうか。
右の写真が真田六文銭です。
赤地金の六文銭・・・かっこいいですね。
お近くにサークルKサンクスがある方は是非!

拍手[1回]

先週のことになりますがついに大河ドラマ天地人に真田幸村が登場しましたね。

初音が上杉景勝のところに盟約のお願いに上がる所からシーンが始まりました。
盟約の証として幸村が上杉家に人質として行くことになるのですが、
その幸村の天地人初登場シーンは織田信長と見間違えるようないでたちでした・・・。
茶筅髷、果物にかぶりつきながら歩く姿・・・。
いままでの真田幸村像とはかなり違った新しい真田幸村像を見ることが出来ました。


上杉家に人質として行った後も、上杉家家臣(特に泉沢や与七)に対する横柄な態度は??
と思うものがありました。
確かに智略の限りを尽くして戦国を生き抜いてきた父・真田昌幸を見て育った幸村にとっては
「義」を掲げる上杉家に対して違和感を感じていたのかもしれませんね。

史実では幸村はどのような性格だったのでしょうか?
幸村の兄・信幸によると、
「左衛門佐は、ものごと柔和忍辱、物静かで、言葉少なく、怒り腹立つことがなかった。」との事。
幸村の性格については↓をご覧ください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sanada/sanada/sanada/zou.html

基本的には真田幸村はとても物静かな人であったことが伺えます。

横柄な幸村の描き方以外に
ん?ここはと思った点がありました。
それは、「神川合戦への幸村参戦」です。

お家の大事故、国許に戻り父、兄と共に戦え・・・と上杉に言われ
上田城に戻ったして描かれることが多いですが、
真田幸村の初陣は、豊臣秀吉の小田原攻めの際、前田利家らと共に北条と戦った
松井田城攻めだといわれています。
神川合戦と松井田城攻めでは当然後者のほうが時代は下っていますから
神川合戦に真田幸村が参戦していた可能性はないといわれております。

史実ではなかったといわれる幸村の神川合戦への参戦ですが、
ドラマとしてはやはりここで幸村が昌幸らと共に戦った方が真田としても上杉としてもドラマチックですからね!
真田幸村の初陣については↓をご覧ください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sanada/sanada/sanada/uijin.html

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
ISLAND VILLAGE
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析