忍者ブログ
戦国時代、真田一族(真田幸隆、真田昌幸、真田幸村 等)に関する日々感じたことを綴っていきたいと思います。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

打倒信長??って・・・。
富士急ハイランドに出来た新アトラクション「戦国BASARA」アトラクションでの話です。

「戦国BASARA」アトラクションは、以前「武田信玄埋蔵金伝説 風林火山」というアトラクションがあった
富士急ハイランド内のミニチュア富士山の中に今月オープンします。
私も風林火山には挑戦したことがあり、結構興奮して楽しいアトラクションだった記憶があります。

「戦国BASARA」アトラクションではなんとミニチュア富士山の中に全3階の安土城が再現されているのだとか。

このアトラクションは、ゲーム「戦国BASARA」で人気の「伊達政宗」「真田幸村」「長曾我部元親」「毛利元就」「武田信玄」「お市」のいずれかになり、信長討伐を目指すというもの。
ちなみにどのキャラクターになるかは入り口でスタッフに渡されるカードで決まり、
参加者は好きなキャラクターを選ぶことは出来ないようです。

ゲームは、第一ステージ(1階)、第二ステージ(2階)、最終ステージ(3階)に分かれており、
最終ステージで織田軍と戦うことになります。織田軍相手に百人斬りを達成した参加者だけ
織田信長と対戦することが出来、信長を倒すことが出来るとゲームクリアーで記念品をみらえるそうです。

詳細は富士急ハイランドホームページまで!
http://www.fujiq.jp/special/basara/

7月23日オープンです。行かれた方は是非体験レポートをください!!

拍手[1回]

PR
ビジュアル系戦国ゲームとして人気が高い「戦国BASARA」のアニメ「戦国BASARA弐」が
日曜日午後5時からTBS系で放送されます。
今の戦国ブームの火付け役とも言える同ゲームのアニメ放送により、ブームが加速しそうです。


戦国武将の中でも人気の伊達政宗、と我らが真田幸村がダブル主役ということで、
政宗のご当地宮城県と幸村のご当地長野県ではブームに乗り遅れまいと町おこしに力を入れています。


アニメ「戦国BASARA」第一弾の時は特に町おこしをしなかった長野県上田市も「弐」から
町おこしに参入するようです。

私が上田や真田の史跡めぐりを始めた頃は史跡で若い女性を見かけることはなかったですが、
最近は歴女と呼ばれる方が、上田城址などに多く訪れているようです。


真田一族のふるさとを多くの方に知ってもらい、町も盛り上がってくれるのは嬉しいことです。

拍手[1回]


今年も真田祭りの季節がやってきました。
4月、5月と真田祭りが続きます。

すっかり暖かくなり、桜も満開に近づいてきましたね。
まずは4月5日からはじまる「上田城千本桜まつり」です。
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/shokan/0500/20100216134602108.html

上田城の桜開花情報は下記をご参照下さい!4月2日時点ではまだ蕾のようです。
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/sys/20091103000001469.html

続くは、4月17日の「上田真田まつり」です。
http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/shokan/0500/20100302085025172.html
恒例の武者行列、鉄砲隊演舞をはじめ、真田軍VS徳川軍による決戦劇も予定されています。
ちなみに、決戦劇には徳川軍として参加できるチャンスも!

ゴールデンウィークには、関ヶ原の合戦後に真田父子が過ごした和歌山県九度山で
真田祭りが行われます。

これから気候もよくなって来ますので祭りに参加して真田氏の活躍する姿に思いを馳せてみてはいかがでしょう!

拍手[0回]

真田幸村を題材とするNHK大河ドラマの実現を目指し、上田市で「真田幸村を題材にした大河ドラマ放映実現を願う会」が設立されました。真田一族の家紋・六文銭にちなんで2年間で666,666人分の署名を集める方針とのことです。

詳細は↓
http://www.shinmai.co.jp/news/20091129/KT091128SJI090006000022.htm

信濃毎日新聞で天地人の原作者・火坂雅志氏の「真田三代」(詳細は下のリンク)が連載されていますので、
これを原作にした大河ドラマを目指すのでしょうか?
http://www.shinmai.co.jp/hanbai/sanada.htm

同氏の作品は天地人しか知りませんが、天地人を見る限り、歴史ドラマの割にフィクションが非常に多かったように感じます。真田が登場する、神川合戦前後、関ヶ原合戦前後、大坂の陣は特に・・・。真田が主人公でない作品ですから仕方ないと思いますが、真田幸村初回登場時の性格のひねくれ方、真田昌幸を必要以上に悪人の様に描くところ、幸村を神川合戦時に上田に帰す所、大坂の陣でなぜか千姫を守るといって大坂城にいるところ・・・。大河の予算が足りなくて合戦シーンが少なかったのですかね・・・。大坂の陣は真田幸村が徳川家康の陣に突進していくシーンが一番の見所だと思うのですが、合戦シーンの無い大坂の陣で非常に驚きました。

私も真田一族大好きですので是非大河ドラマで見たいと思いますが・・・。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
ISLAND VILLAGE
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析